banner

合同会社設立と登記の関係

合同会社設立とその登記の関係

合同会社設立とその登記の関係は、法務局で完了した日が設立日となります。この日が基準となって各種届出などを行う必要があるため、あらかじめ申請に向けて準備をしておくなどの対応が必要となります。
合同会社設立には、あらかじめ定款の作成が必要です。この定款は企業などでの行動の規範となるものであったり、あるいはその組織での体制などを明記したもので、この定款が法的に認められる状態になってその上で、最寄りの法務局で登記の申請を提出するという流れになります。

合同会社設立には、書類の作成とその提出に流れがあり、この法務局での登記が合同会社設立という点で最後のやるべき事となります。この登記の関係の仕事は通常司法書士に依頼することになりますが、司法書士事務所ごとにまちまちでその費用は合同会社設立などの場合には、約10万円程度から30万円程度と事務所ごとで差があります。

合同会社設立の登記が法務局でなされた日が一般的にその法人設立日となりますが、この日が各種の基準日となる場合が多くあるため、この日に準じて様々な届出を行うことになることは合同会社関係者はよく知っておく必要があります。

社会保険すなわち健康保険への加入や厚生年金への加入についても、この基準日を軸にして期限が定められていますので、その期限を順守して申請を行う必要があります。ただし、その期限が極端に短いものがあるので、法務局での処理が完了してから準備をすると間に合わない可能性が高くなりますので、速やかに申請準備を法務局への申請の段階では進めておく必要があります。

また、こうした公的健康保険、社会保険への加入や厚生年金加入の手続きには相応にやるべきこと、準備するべきことがありますので、あらかじめ社会保険労務士などに相談して準備をしておくことが重要となります。

合同会社はかつての有限会社が新設が認められなくなったものの代替という意味合いも持っていますが、株式会社と大きく異なるのが家族経営に近いものになる点です。

つまり従業員一人一人が経営に参加するものであるということになります。何かしらの法人の重要な決定には、従業員全員が賛成しないと決定できないなどの点が特徴的で、意見がバラバラの人ばかりだと議決したくてもできなくなる恐れがあります。そのため、あまりにも経営規模を大きくし過ぎるとこの法人形態の場合、物事の決定などが前に進まなくなる可能性があります。

Copyright(c)2014 合同会社設立をする場合、知らなきゃいけない情報知っておきましょう! 自分に合った会社設立を!All Rights Reserved.