banner

自分で合同会社設立

個人に適した合同会社設立について

個人として事業を行っている人が法人格を取得しようと思ったときには、合同会社設立が行われる事が多いです。

法人格を取得する事によって税制が変わりますから、ある程度の収入が確保できている人なら法人格を取得する事によって節税になるケースが多いです。もちろんですが、うまく節税を行わなければなりませんが、専門家に依頼して報酬を支払ったとしても、トータルでは安くすることができます。

法人格を取得すると言っても色々な方法がありますが、現実的には株式会社か合同会社かのどちらかになります。

他にも色々なものがあるのですが、特に大きなメリットはありませんから、この二つから選ぶ事が多いのです。その中で合同会社設立をするメリットは、何よりも費用を安くすることができるからです。

規模の大きい会社を設立するときには、いろいろなルールを定めなければなりません。例えば、経営権については出資した金額に比例して決めるべきでしょうし、他にも利害が対立したときのルールを定めておかなければなりません。

このような場合には、法律によっていろいろな決まりが定められている株式会社を設立するほうが良いです。一般的には、規模が大きくなって出資者が増えた場合には、株式会社が適しています。

しかし、株式会社設立をする資金はある程度かかりますし、設立した後にも色々な費用がかかります。

例えば決算公告をするために費用はかかりますし、株主総会を開催するのにも費用はかかります。合同会社設立をするための費用はかなり安いですし、設立した後にもあまり費用はかかりません。そのために、費用面では合同会社設立のほうが適しています。

個人として事業を行っている人の場合でも、一気に規模の大きい会社を作ることもあり得るでしょう。

このような場合には株式会社のほうが良いのですが、多くの場合には合同会社設立のほうが適しています。例えば、役員として他の人を雇わずに、自分一人で設立をするのであれば、株式会社でも合同会社でも変わりはありませんから、それなら費用が安くて手続きの簡単な合同会社のほうが良いです。

将来的に株式会社のほうが良いと思ったときには、その時点で会社組織を変更すれば良いだけのことで、そのための費用もそれほど高くはありません。

規模が大きくなってからの変更は可能ですから、個人から法人格を取得するときには、まずは合同会社設立をして、経営が安定してから別の方法を考えるのが良いのです。

Copyright(c)2014 合同会社設立をする場合、知らなきゃいけない情報知っておきましょう! 自分に合った会社設立を!All Rights Reserved.