banner

合同会社設立にかかる期間

合同会社設立をするためにかかる期間

合同会社設立をするまでにはどれくらいの期間がかかるのでしょうか。これはそれぞれのケースで異なるのですが、例えば専門業者に依頼すれば、最短で数日で完了させることもできます。会社についての構想がだいたい決まっているのであれば、手続きをするだけなら1日で納めることも不可能ではありません。

合同会社設立とは何かというと、つまり登記申請を行うことです。法務局で登記申請を行えば、それで合同会社設立はできるのですから、そのために必要な書類や手続きを把握していけば、必要な期間がどれくらいなのかが分かるでしょう。

登記申請そのものは書類を提出するだけですから時間はかかりません。必要な書類をそろえるだけですから、準備は事前に行うことができます。書類の作成以外で必要な手続きと言えば、資本金の払い込みです。資本金の払い込みは、出資者から振り込んでもらう事が必要となりますから、振り込みに時間がかかる可能性がかかりますから、ここに注意しておく事は必要です。

これだけのことですから、手続きそのものは例えば1週間もあればできるでしょう。手続きは役所の定める方法に従えば良いだけのことなのですから、その通りにすれば間違うことはありません。法務局に聞けばその方法も教えてくれますから、実は難しいことではないのです。しかし、難しいのは合同会社についての色々なことを決める部分です。この部分は合同会社設立をする本人が決めなければなりません。

例えば、会社名をどのようにするのかは大事な問題です。一応のところは決まりがあって、その決まりに従って決める事は必要ですが、極端におかしいものでなければ問題はありません。例えば、銀行でもないのに「銀行」という言葉を入れる事はできませんし、大手の有名企業と同じ名前や紛らわしい名前をつけることはできません。このようなことをしなければ、自由度は非常に高く、そのためにいろいろと悩まなければなりません。お客さんにとって分かりやすいものであることは必要でしょうし、良いイメージを与えられるものにしなければなりません。

他にも、資本金をどうするのかを考えることも必要ですし、社員の数をどうするのかも考えなければなりません。

会社組織に関して言えば、意思決定をどのようにするのかを考えることも必要となります。このようなことは合同会社設立をするためには非常に重要なことですから、ここにしっかりと時間をかける事が必要です。

Copyright(c)2014 合同会社設立をする場合、知らなきゃいけない情報知っておきましょう! 自分に合った会社設立を!All Rights Reserved.